中山グランドジャンプ

中山グランドジャンプ

中山グランドジャンプ

1999年、障害競走にグレード制が導入されると同時に現在の中山グランドジャンプに名称が変更。また、2000年より国際招待競走となり、長らく4100mを舞台に行われていた距離も、2001年より4250mに変更された。 中山グランドジャンプで使用される障害コースは「大障害コース」と呼ばれ、このレースと暮れの中山大障害の年2回しか使われない。難度の高い大竹柵(おおちくさく)障害、大生け垣(おおいけがき)障害を含めた全12個の障害飛越、さらに5回の坂路(バンケット)昇降という、距離もさることながら春の障害王を決めるに相応しいタフなコースレイアウトとなっている。 第1回の勝ち馬はメジロファラオ。2000年、2001年にゴーカイが連覇を達成している。2005年から2007年にかけてはオーストラリアのカラジがJRA史上初となるGI・3連覇を成し遂げた。

中山グランドジャンプは、わが国の名ジャンパーと外国からの招待馬が頂点を争う国際競走である。舞台となる中山競馬場・4250m・芝・外回りは、国内最長距離を誇る。9つの障害を計12回越え、バンケットと呼ばれる坂道を5回下って上る過酷なコースで、これまで数々の名勝負が繰り広げられてきた。中でも、中山大障害と本競走にのみ使用される、高さ1.6mの「大竹柵」と「大いけ垣」は、高さだけでなく、距離を飛ばなければクリア出来ない障害となっており、飛越テクニックとスタミナに加え、精神力も試される。人馬一体となって障害を跳ぶその姿に、多くの観客から温かい拍手が送られる光景は、このレースならではのものだろう。

障害レース近2走で負担重量61キロ以上を背負った馬が優勢!
また、障害レース近2走における最高負担重量別成績をみると、「61キロ以上」を背負った経験のあるグループが、「60.5キロ以下」のグループより圧倒的上位の好走率をマークしていた。3連覇を達成したカラジ(2005〜2007年)をはじめ、中山グランドジャンプで3着以内に入った海外調教馬は、いずれも前走でJRAの障害レースに出走しており、そこでの負担重量が「61キロ以上」だった。障害レース近2走での最高負担重量は、今年も注目のチェックポイントになるだろう。

他の競馬場の障害コースに比べれば、中山の障害コースは、バンケットを幾度か、越えなければならない事や、年に2回しか飛越しない、高さ160cmある、大竹柵障害(第E号障害)&大土塁生け垣障害(第F号障害)を飛越しなければならない事、更には、どの馬も、一定重量を背負わないといけない事など、スピード・スタミナ・飛越力すべてを求められるという、正に、日本一、過酷なレースといっていいでしょう。 また、「中山グランドジャンプ」では、障害コースにある、竹柵障害(第C号障害)を飛越しない代わりに、平地外回りコースに、 3つの置き竹柵障害(第G・H・I号障害)を置くという形態であり、暮れに行われる、「中山大障害」とは、また、違う形になっています。 2011年は、東日本大震災の影響で、開催時期が 4月から7月になり、仮柵の位置移動による、コース変更(Aコース→Cコース)に伴って、距離も、10m延びたりしました。更には、過酷なレースの上に、最終障害でアクシデントが発生したりする。 障害レースでは、ある意味、落馬やアクシデントが付きものであるのは、如何とも仕方ない部分があるんですが、それもあって、障害レースの醍醐味ではないでしょうか?

1年に1度の特別配信

フェブラリーS 高松宮記念 桜花賞 中山グランドジャンプ 皐月賞 天皇賞(春) NHKマイルC ヴィクトリアマイル オークス 日本ダービー 安田記念 宝塚記念 スプリンターズS 秋華賞 菊花賞 天皇賞(秋) エリザベス女王杯 マイルチャンピオンシップ ジャパンC ジャパンCダート 阪神ジュベナイルF 朝日杯フューチュリティS 中山大障害 有馬記念 競馬ランキング